FXについてあれこれ語る
会社選びから始める
FXで儲けたいと考えているなら、まずは会社選びから始めるべきです。FX会社によっては儲けが出ない所もありますよ。比較するポイントはたった2つです。それはスプレッドが小さいかという点と、売買の早さです。

スプレッドは最小値を探しましょう。スプレッドが1銭の所より、0.5銭の方が利益は出来ます。折角の利益を手数料で取られるのは嫌だと思います。少ないところを探しましょう。
 
 
外国為替証拠金取引とは何でしょうか

現在、さまざまなメディアで「FX」が宣伝されているので、FX 初心者でも言葉だけは知っているという方が多いと思います。

FXとは「外国為替証拠金取引」のことで、Foreign Exchangeに由来しています。なお、海外では「Forex(Foreign exchange・フォーレックス)」とも呼ばれています。

hosiuer では、外国為替証拠金取引とは何でしょうか。簡潔に述べますと「お金を買って、お金を売る」取引のことです。お金といっても、円(\)以外にも、世界にはドル($)、ユーロ(?)などさまざまな通貨があります。これらを売買することで差益を得る通貨取引の一種が、FXです。

日本では以前、個人による外国為替取引は認められていませんでしたが、1998年の外国為替及び外国貿易法の改正により可能となりました。銀行などが扱う外貨預金などに対し、主に証券会社が扱う外国為替取引がFXです。近年は株や債券などに次ぐ新たな金融商品として個人投資家を中心に急成長している分野です。

●外国為替取引の仕組みについて

取り扱う外国為替取引とはどういうものなのでしょうか。FX比較をするためにも、少し噛み砕いて見ていきましょう。

例えば、あなたがアメリカへ旅行することを考えてみましょう。アメリカの通貨はドルなので、日本円は使えません。そこで、私たちは空港などにある外貨両替所で円をドルに交換してもらいます。実はこれこそが「お金を買って、お金を売る」取引なのです。

このとき「1ドル=100円」と交換レートが決まっていれば計算しやすいのですが、実際には1ドルが90円だったりと中途半端な数字になります。しかも「変動相場」といって、レートは時々刻々と変化します。極端な話をすれば、外貨両替所で交換した時間が違うだけで、1000円損したり得をしたりすることもあるのです。

FXで差益を得る仕組みは、誰もが経験のある取引です。

あなたも円高・円安などのニュースを聞いていて、「20円の円安なら、ドルを持っていたら20円儲かった」と思われたことはありませんか。逆に、海外旅行から帰国したとき、急な円高になっていて、損をした気分になったことはありませんか。

このように、FXは意外と身近な金融商品でもあるのです。