FXについてあれこれ語る
会社選びから始める
FXで儲けたいと考えているなら、まずは会社選びから始めるべきです。FX会社によっては儲けが出ない所もありますよ。比較するポイントはたった2つです。それはスプレッドが小さいかという点と、売買の早さです。

スプレッドは最小値を探しましょう。スプレッドが1銭の所より、0.5銭の方が利益は出来ます。折角の利益を手数料で取られるのは嫌だと思います。少ないところを探しましょう。
 
 
どんな基準で業者を選べばいいの?

FX( Foreign eXchange)とは「外国為替証拠金取引」もしくは「外国為替保証金取引」のことで、海外ではForex(Foreign exchange・フォーレックス)とも呼ばれている金融商品です。ドル、ユーロなど海外通貨の為替変動を利用して差益を得る取引のことです。

FXの特長の一つに「レバレッジ」があります。レバレッジとは「てこの原理」のことで、小さな力で大きな仕事をするという意味です。つまりFXは少額の資金でも、その何倍もの取引(*XEマーケットではこのレバレッジが888倍までテコれます!)ができるので、より大きな利益を狙うことが可能です。

oiure一方で、利益が大きいということは損失もまた大きくなりますので、FXを行う場合、レバレッジの仕組みを十分理解しておくことが必要になってきます。

●FX業者の選定基準

FXは急成長の金融商品とあって、数多くの業者が存在します。では、FX初心者が口座を開設する際、どんな基準で業者を選べばよいのでしょうか。特に重視してほしいのは「スプレッド」「取引画面」「チャート」「サポート」の4点です。

関連サイト: TopFXKaigai.com

1.スプレッド

スプレッドとは為替取引における売値と買値の価格差(幅)のことです。このスプレッドにはFX業者の手数料などが含まれているため、この差が小さい業者ほど有利な運用ができることになります。取引通貨によっても価格差が異なりますので、あなたがメインとしたい取引が「ドル円」なのか「ユーロ円」なのかを決めてから、それぞれのスプレッドを比較しましょう。

2.取引画面

インターネットを通じて取引する場合、画面の操作性が重要になってくるのは言うまでもありません。各社ともデモトレードのサービスを用意していますので、Meta Trader4など操作性について確かめておきましょう。

3.チャート

為替差益で利益を生むには、相場動向を定量的に検討するチャート分析がかかせません。初心者でチャートのことが分からなくても、将来的には必ず必要になってきます。最低でも、トレンドライン・ボリンジャーバンド・RSI・一目均衡表という言葉には注意を払い、分析機能や表示機能があるかを確かめておきましょう。

4.サポート

FX初心者にとってはサポート体制の充実がなによりも大切です。特に外貨を扱う金融商品ということを踏まえ、24時間電話サポートをしてくれる業者を選びましょう。サポート体制については各社webサイトに掲載してありますので、口座開設前にチェックしておきましょう。